TwitterとFacebookはもう廃れていくのか?

現代のコミュニケーションツールとして完全に定着した感のあるSNS、なかでも短文メッセージを気軽につぶやくTwitterとFacebookは他のウェブサービスを圧倒する高い普及率を誇っています。
しかし傍目から見れば順調そのものに見えるTwitterとFacebookですが、流行り廃りは世の常と今後の展開を不安視する専門家もいます。
専門家がTwitterとFacebookの将来を否定的に考える理由として、インスタグラムなどの最新の代替サービスの台頭があげられます。
インスタグラムは「インスタ映え」が流行語になるなど若者や女性を中心に大人気です。

その一方でTwitterとFacebookは常にリツイートやフォロー返しを要求されることによる「SNS疲れ」が起きていると報道されたり、匿名性を利用した悪質な悪戯が事件になるなど負の側面が強調されがちです。
たしかにこういった点だけ見るとウェブサービスには流行り廃りがあり、TwitterとFacebookは最新のウェブサービスに取って代わられる運命だと考える専門家が現れるのも分からなくはありません。
しかしそう考えるのは少し早計です。

一時期のような爆発的なユーザー数の増加こそなくなったものの、TwitterとFacebookは現在もSNS界の巨人であり続けています。
インスタグラムのユーザーは大抵TwitterとFacebookのアカウントも持っているものです。
RSSサービスやネット通販、ネット銀行、株取引といった分野ではユーザーは新しいサービスを利用し始めると旧来のサービスを全く利用しなくなることも珍しくありません。
しかしSNSはこれらのサービスとは事情が違い新旧のSNSを柔軟に使い分ける傾向にあります。
たとえばリアルの友人に向けたアピールや個人を特定しうる旅行写真のアップロードなどはインスタグラムで行うけど、社会問題について自分の考えを述べたり、怒りや愚痴をぶちまけるのには匿名性の高いTwitterを利用するといった具合です。

またTwitterとFacebookは企業キャンペーンにもよく活用されています。
ゲームの運営アカウントをフォローしたら課金アイテムをプレゼント、開催中のイベントをリツイートし拡散するのに協力した人に抽選でギフト券をプレゼント。
こうした実利性の高いキャンペーンが開催されている間はインターネットユーザーは一時期ほど熱中しないにせよ、今後もTwitterとFacebookを利用し続けるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る